コンジローマの原因:良性型HPV

コンジローマは、性器にイボができます。
また、肛門の周りにもできることがあります。
鶏のとさかのような形をしているものです。
このイボは、手術などを行って取り除く必要があります。
再発がとても多い病気として知られています。
この原因というのは、良性型のヒトパピローマウィルスです。
このウィルスが感染することによって起こるのです。
主には性行為で感染をするものですが、傷口から感染をすることもあります。
母子感染の可能のあるウィルスです。
また、このウィルスは、ガンの原因の可否によって、良性と悪性に分けられているのです。
コンジローマは、痛みや痒みが伴うこともありますが、自覚症状がない場合もあります。
また、尿道口にもイボができることもあります。
進行をするとイボは肥大化していきます。
そして数も増えていくのです。
コンジローマの症状に気が付いたら、すぐに病院へ行くべきです。
放置をしていても治ることは無く、悪化をすると治療も大変になります。
検査は、視察と細胞検査を行います。
感染してから症状が出るまでは時間がかかることがあります。
外科的手術は、レーザーまたは電気メスを用います。
また、液体窒素で凍らせて取り除く方法もあります。
軟膏を塗る方法も存在しています。
また、治療中に内服薬を処方することもあります。
表面に出ているイボを切除することはできるのですが、体内にウィルスが潜伏をしている場合も多くあります。
治療が終わっても、経過をみる必要があります。
避妊具によって感染完全に防ぐことは困難です。
コンジローマになっているときには、性行為は避けるべきです。
多くのコンジローマ感染者は、自分が感染していることを知らないまま、性行為を行っています。
感染をしても、なかなか症状が出ないことも多いためです。

■通販サイトで有名なあんしん通販薬局を検証
あんしん通販薬局の評判について調べてみた
■コンジローマと同様、感染しても症状が出ないこの性病も早めに検査を
エイズの検査は早めにしておこう